もちころりんのおおかみスーツの作り方です。

型紙(PDFファイルが別ウィンドウで開きます)

必要な材料

  • グレーのファー 15cm×25cm
  • 白色のムートン 10cm×10cm
  • ピンク色のフェルト 15cm×30cm
  • グレーのファーテープ 5cm
  • メカニカルファスナー 10cm
  • 白色の糸
  • ピンク色の糸

つくりかた
1.型紙を印刷し、上部に書いてある目盛りが5㎝になっているのを確認します。

2.型紙を青の線で紙切りハサミで切りとります。縫い代込みの大きさになっています。

3.布に合わせて印付けをし、布を裁断します。ファーやムートンの布は毛足の向きに注意してください。フェルトはどの向きからとってもかまいません。

4.身頃パーツ2つのダーツ部分を縫います。これで出来上がりがもちころりんのおしりのカーブに沿う形になります。

5.ダーツの縫い代を切り落とします。

6.お腹部分の左右のパーツと身頃を白色の糸を使って手縫いで縫い合わせます。

7.フェルトの身頃とファーの身頃を外表に合わせ、まわりをピンクの糸でかがります。ダーツ部分がずれますが、もたつき防止のためにわざとずれる形です。また、フェルトが少し余りますが、止め部分の重なりになる箇所です。

8.身頃の両端にメカニカルファスナーを白い糸で縫い付けます。

9.出来上がった身頃をもちころりんに巻いてみましょう。お腹がわに止め部分がくる形です。ぴったり。

10.みみを縫います。みみのパーツの長辺の部分、ファーをフェルトにかがりつけます。両耳とも作ります。

11.もちころりんに身頃を巻き付け、みみパーツの位置を決めます。一旦外してみみの短辺を身頃にかがりつけます。少し顔に対し斜めにするとおおかみっぽいです。

12.両耳の中心あたり、反対側の位置にファーテープを縫い付けます。しっぽになります。

13.もちころりんに着せつけつつ、しっぽの長さをカットして調節します。みみも、ファーの毛足をカットして先端をはっきりとがらせたら、おおかみスーツの完成です!

もちころりんに着せてみたようすです。
上斜めから。

後ろから。

真横から。

はーーーかわいいですね!!!ぜひつくってみてください!!